相続不動産の名義変更登記

ご遺産の中に占める不動産の割合は比較的高く、とても重要な財産です。また、誰の名義にするかで後々に与える影響は大きくなります。

当事務所での流れ

ご相談

ご相続が生じたご事情をお伺いし、各相続人のご希望、ご遺産の概要をお聞きし、具体的な業務の流れをご説明いたします。

費用のお見積り

不動産の固定資産税納税通知書もしくは評価証明書を頂いた後に、登録免許税の計算をし、見積書をお出しします。
場合によっては、ご相談時にお見積りをお出しすることも可能です。

必要書類のお取り寄せ

相続による不動産の名義変更に必要な書類は下記のとおりです。
なお、印鑑証明書以外の必要書類は、当事務所にてお取り寄せすることも可能です。

  1. 被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本・除籍謄本
  2. 固定資産評価証明書 (都税事務所又は市町村役場)
  3. 相続人全員の印鑑証明書
  4. 不動産を取得する相続人の住民票
  5. 遺産分割協議書(当事務所作成)
  6. 被相続人の戸籍の附票
  7. 不動産の登記簿
  8. 遺言書(必要に応じて)

遺産分割協議書の作成

不動産名義変更の必要書類が揃いましたら、登記に関する遺産分割協議書を作成し、相続人全員が署名・押印(実印)します。

法務局への登記申請

頂いた必要書類を添付し、各管轄の法務局へ登記申請を致します。
当事務所ではオンライン申請を行っておりますので、全国どこの不動産でも大丈夫です。

登記完了

登記完了後、新しい権利証(登記識別情報)が発行されますので、登記事項証明書とともにお客様へお渡しし、完了報告を致します。