相続手続きの流れ

3ヶ月以内に相続人の調査・確定、相続財産と負債の確認をする必要があります。

被相続人に多額の借金があった場合など、何もしなければ借金も相続してしまいます。
相続を放棄したい場合、裁判所へ手続をしなければなりません。
相続放棄の申し立て期間は相続開始から3ヶ月以内と定めらています。

10ヶ月以内に相続税の申告と納付を完了させる必要があります。(延納・物納の申請期限)

遺産分割が確定していないととれない特例があるため、この期限まで遺産分割協議が相続人の間で整っていることが望まれます。現金納付する場合にはこの期限まで納税しなければなりませんが、延納や物納もこの期限までに申請書を提出し許可を受けなければなりません。