預貯金または貸金庫・定期預金の承継・解約手続き

ご相続の時にすぐに威力を発揮するのが預貯金です。ご相続時の費用の支払いや、遺産分割の際の代償金として活用することも多いです。

当事務所での流れ

ご相談

ご相続が生じたご事情をお伺いし、各相続人のご希望、ご遺産の概要をお聞きし、具体的な業務の流れをご説明いたします。

費用のお見積り

金融機関の数に応じて費用を算定いたします。場合によっては、ご相談時にお見積りをお出しすることも可能です。

必要書類のお取り寄せ

相続による預貯金・株式の承継・解約手続きに必要な書類は下記のとおりです。
なお、印鑑証明書以外の必要書類は、当事務所にてお取り寄せすることも可能です。

  1. 被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本・除籍謄本
  2. 通帳、証券など
  3. 相続人全員の印鑑証明書
  4. 遺産分割協議書(当事務所作成)
  5. 被相続人の戸籍の附票
  6. 遺言書(必要に応じて)

金融機関所定相続届、遺産分割協議書の作成

預貯金の承継方法に応じて、遺産分割協議書を作成。また各金融機関所定の相続届を作成し、相続人全員が署名・押印(実印)します。

各金融機関へ行き、預貯金の承継手続・解約手続きを行う

頂いた書類を各金融機関に提出し、預貯金の解約・承継、株式の名義変更など必要な手続きを行います。 解約した預貯金は1週間から2週間でご指定の口座に振り込まれることになります。

財産目録のお渡し

最終の預貯金額等を記載した遺産目録を調整し、ご報告いたします。