代表挨拶

世田谷という地で事務所を開設して早や7年が過ぎました。地元の方々に喜んでいただけるように日々邁進して参りました。おかげ様でこれまで500件近くのご相続に携わらせていただきました。

ご相続は一生で何度も遭遇することではありません。そのため、どこから手を付ければいいか分からない、誰に相談していいか分からない、ということが往々にしてあります。

当事務所はそんな方の最初の窓口として、お悩みを整理し、解決するまでサポートいたします。これからも地域のかけこみ寺として、みなさまのお悩みを解決していきたいと考えております。

2014年12月 司法書士 門脇紀彦

基本方針

  1. コミュニケーションを大切にしながら、お客様が満足できる法務サービスを提供いたします。
  2. 法律のプロとして、分かりやすく透明性のあるサービスを提供いたします。
  3. お客様との縁を大切にし、一生涯のお付き合いができるサービスを提供いたします。

代表プロフィール

代表者名 門脇 紀彦
生年月日 昭和51年生 愛知県春日井市生まれ 東京都町田市育ち
経歴 平成10年 中央大学法学部国際企業関係法学科卒業
広告代理店などで営業職を経て
平成18年 司法書士試験合格
平成19年 簡易裁判所代理関係業務認定
平成19年8月より世田谷区祖師谷にて開業
登録番号 東京司法書士会会員 登録番号第4634号
簡裁訴訟代理関係業務認定会員 認定第601426号
社団法人成年後見センター・リーガルサポート会員 第3105797号
(家庭裁判所の後見人候補者・後見監督人候補者名簿搭載)

理念

司法書士を目指したのは、自分が法律を知らない事で身近にいる人を助けてあげられなかった事がきっかけでした。法律を知っている事で泣き寝入りせずにすむ事があります。

法律を味方につけて、一人でも多くの人が「安心して」過ごせる世の中にしたいと考えています。

法律相談=人生相談であると考えています。お客様とは、仕事としてだけでなく、人と人としてお付き合いできるような関係を築いていけるようにしたいと考えています。