相続登記しないとどうなるの?

そのまま放置しておくと、10万円以下の過料が科せられるだけではありません。

今後面倒なことが起こりやすくなります。

たとえば、相続人のうち誰かが亡くなり時間が経ってしまうと、相続人の数がいたずらに増えてしまいます。いざ、相続登記をしようとしても、相続人全員を探すことが困難になります。探し出せたとしても、相続人全員による署名捺印が困難となることもあり、結果として相続登記ができなくなるおそれがあります。


また相続登記を済ませていない状態のままですと、当該不動産を売却することも、貸すことも、金融機関からお金を借り入れて当該不動産に抵当権を設定することもできません。 

早めに済ませておけば、スムーズに手続きができたところを、時間が経ってしまうと、これらの機会を逃してしまう可能性があります。
時間が経つほどそういったリスクが大きくなるので、できるだけお早めに相続登記を済ませておくことをお勧めします。