成年後見

成年後見制度とは、契約や財産管理をすることが難しくなり、判断能力が不十分なために、財産侵害を受けたり、人間としての尊厳が損なわれたりすることがないように、法律面や生活面で支援する仕組みです。

要約すると、認知症の方や精神的に病を抱えている方を支援する制度です。

後見人が選ばれる具体的な場面

  • 高齢者施設への入所
    入所の際に、後見人を選ばないと入れないところもある。
  • 自宅不動産の売却
    自宅を売って施設に入る方、自宅を売って親族の家に引っ越しをする。
  • 悪質商法などから権利を守る
    訪問販売や次々販売はいまだに社会問題
    →契約の同意権、取消権、解除権の活用
  • 遺産分割協議
    重要な財産の移転の場面

成年後見制度の類型

成年後見制度は、本人の状態によって次の3つの類型に分けられます。

  • 後見相当 ほとんど判断できない
  • 保佐相当 判断能力が著しく不十分
  • 補助相当 判断能力が不十分

この3つの類型は、主に主治医の診断書から家庭裁判所が最終的に決定します。

成年後見人は何をやるのか?

  1. 財産管理
    通帳の保管、入出金管理、不動産の管理・売却
    →重要な財産の処分の場合は、家庭裁判所の許可が必要です
  2. 身上監護
    治療・入院などの諸手続き、住居の確保、施設との入退所契約、介護サービス
  3. 家庭裁判所への報告
    年に1回の家庭裁判所へ報告書を提出します。
    内容は、本人の生活状況、健康状態、財産目録、収支予定などです。